CFDの個別株式の投資と口座選び

CFDでは色々なものを取引する事ができますが、基本的には取引業者との相対取引になります。ですから、取引できるものは取引業者によって異なっています。取引できる商品としては、例えば株価指数などがあります。株価指数は多くの取引業者で扱っていると思います。しかしながら、個別株式をCFDとして取引できる業者は少ないいようです。個別株式であっても、何らかの株式を実際に取引するのではなくて、取引業者が決めた価格で売買をしていると言う点に注意が必要です。ですから、取引業者によってすべてが異なっていると言えるでしょう。ですから、個別株式の取引をするときには、手数料や銘柄などを元にしてCFD取引業者を選ぶことが必要となってくるのです。
個別株式の取引をするときには、まずどの個別株式の取引をしたいのかという事を明確にする必要があります。CFDでは日本の株式だけではなくて、海外の株式の取引をできる場合も多いでしょう。それらの中から投資したい対象銘柄を選ぶ事が必要となってきます。投資したい銘柄が見つかったのなら、それを扱っているCFD取引業者を選ぶ事が必要となってくるのです。また、複数の取引業者があれば、その中から手数料を安いものを選ぶ必要があるでしょう。とりあえず口座を開設してから、取引で切るものの中から選ぶというよりも、先に銘柄を決めてから、それを扱っている業者に口座を開設するという順序で考えるべきでしょう。

Read More

CFDの株式の取引とリスク管理

CFDでは株式をカバーしたものもたくさんあります。株式の現物に投資をするよりも、CFDで投資をしたほうが良い面も色々あるのです。しかしながら、CFDで株式に投資をするときには、リスクが大きいという傾向があります。CFDではレバレッジをかける事ができますが、レバレッジをかければ、株価の変動が小さくても大きな損益になります。株価はもともと変動が大きいと言う特徴がありますから、リスクは非常に高くなるという傾向があるのです。この点を把握しておく必要があるでしょう。レバレッジをかけているわけですから現物株式に投資をするよりもリスクは高くなると言えるでしょう。また、信用取引で取引をするよりもレバレッジを高くできますから、リスクも高くなるという傾向があるのです。
このように、株式のCFDではリスクが高くなりますから、リスク管理をしっかりする事が必要となります。リスク管理の最も良い方法はロスカットだと言えるでしょう。一定の損失が発生した段階で損益を拡大させないようにポジションを閉じてしまうべきなのです。ロスカットをするときには、ポジションを持つ前にその水準を決めておく事が必要です。ポジションを持ってからロスカットの水準を考えるということはできないと考えておきましょう。ポジションを持ってしまうと冷静な判断をする事ができなくなるのが普通です。ですから、ポジションを持つ前にロスカットルールを設定し、そしてそのルールを徹底する事が必要なのです。

Read More

アメリカの株式市場の下落局面で役立つCFD

アメリカの株式市場は、この3日間で2日200ドルを超える下げを演じています。アメリカの主要企業の決算で、予想を下回る業績を発表するところが多くなってきているのが原因です。そのため、アメリカの景気には、先行きの不透明感が広がってきています。これまで、アメリカの株式市場は、大規模な金融緩和が行われたこともあって、堅調に推移してきました。しかし、ここへきてアメリカの株式市場では、下落リスクが高まっている状況が出てきています。
よって、アメリカの株式市場では、今後、売りによる投資機会が出てくる可能性があります。そこで、CFDを活用すると、アメリカ企業への売りの投資ができるようになってきます。CFDでは、日本の株式の他に世界中の株式の売買が可能になる特徴があります。また、CFDでは売りからも入ることができます。そのため、アメリカの株式市場の下落局面でも、収益機会を逃すことがなくなります。なお、CFDの口座は、個人投資家でも簡単に開設が可能です。
アメリカ経済は、近年、徐々に回復してくる傾向がありました。これは為替市場でのドル安が続いていたことが、原因のひとつとなっています。しかし、為替市場では一時のようなドル安の進行が減速してきているために、アメリカ企業への業績への貢献度が薄くなってきています。日本では、今後、金融緩和策を強めていくことが予想されているため、相対的にドルが高くなることも考えられます。これからアメリカの株式市場では、下押し圧力が増すこともあるので、CFDをうまく活用したいところです。

Read More

CFDで少額株式取引

昔から取引されている金融商品として根強い人気があるのが、株式取引です。企業の成長などを予測できた場合のリターンが大きく、また保有することによる優待や配当金なども大きな魅力の金融商品です。しかし、一般的には1株単位で購入することはできず、複数株単位での取引となる為、一回の取引当たりの売買代金が最低でも数十万円、平均的に数百万円必要となり、投資を行いたいと思ってもなかなか参加するのが難しい相場でもあります。このようなイメージが定着していますが、最近では少額で株式取引を行える方法がいくつかあります。一つは、ミニ株です。売買を行う際の取引単位を小さくしたものですが、あまり有名な銘柄が購入できないなどのデメリットがあります。そこで注目したいのが、CFD取引です。
CFDは、差金決済型の金融商品であり、国内外の株価指数や債券、原油や金などの商品を取引することができます。差金決済型である為、取引を行う際の代金を全て準備する必要はなく、投資金にレバレッジを効かせて少額から投資を行うことができます。その中で、国内外の主要な株式も取引をすることもできるのです。その際の取引単位は、株単位では無く独自の単位であり、さらにレバレッジを効かせられるので、数千円から数万円で取引を行うことができるのです。CFDのもう一つの特徴として、売り取引も行うことができるので、一般的な株式相場では行うのが難しい下落相場の際の取引も行うことができるのです。少額で投資をしたい人は、このような方法を使用してみるのも良いのではないかと思います。

Read More

CFDでグローバル株式投資

為替取引を対象にしたFXが登場し有名になって以来、多くの人が投資へ関心を持つようになりました。日本の先行きは不安要素が多く、将来の資金はある程度自分で準備をしておきたいと考える人が増えてきているのも、投資に対する関心が高まっている要因ではないかとも言われています。投資をする金融商品を選ぶにあたっては、自分の投資できる資産の額などを考慮しなくてはいけませんが、最近ではFXに代表されるような、少額から始められる金融商品が増えてきています。レバレッジ規制前までは、FXが少額で一攫千金が狙える金融商品として高い人気がありましたが、レバレッジ規制後は、人気に陰りが見え始めています。FXの代わりに人気が高まっているのが、CFDです。平均株価や原油、ゴールド、株式など様々な原資へFXと同じように少額から取引できる金融商品であり、レバレッジ効果もあります。原資によってはボラティリティも高いので、大きなリターンも見込むことができます。その高いボラティリティの恩恵が受けられるものとして、CFDの大きな魅力としては、手軽に海外株式へ投資できる点があります。
海外株式は、世界中の投資金が集まりやすく、大きな値動きが期待できるのが特長です。通常、株取引を行う為には数十万円から数百万円の資金が必要です。さらに、海外株式は取り扱っている証券会社も少なく、個人で投資をなかなか難しいのが現状です。しかし、CFDを使用すれば、海外の大手企業ならほとんど投資をすることができ、さらにレバレッジ効果を利用して小さな単位から投資をすることができます。少額から投資することで、リスクを減らすことができます。リスクを低減しつつ大きなリターンを見込めるので、効率の良い取引を行えるのではないかと思います。グローバル投資では、為替差による損失の危険性もありますが、CFDでは決済時のみ為替レートが適用されるので、為替差による損失を防ぐこともできるのです。グローバル投資を行いたい人は、検討しても良いのではないかと思います。

Read More

CFDの口座開設申し込み後、証券会社から審査の電話があるかも

証券会社でCFDの口座開設を申し込んだ場合、証券会社から審査の電話がかかってくることもあります。CFD取引にはリスクもあるので、どの業者も必ず審査をしているんですが、電話は絶対かかってくるというわけではありません。業者によってかけてくるところとかけてこないところがあると思います。
かかってきた場合ですが、審査と言っても収入状態を根掘り葉掘り聞かれるということではなく、業者が電話でCFDのリスクを説明していって、それに同意を求めるというような会話内容になると思います。なので、あまり緊張せずにリラックスして電話を受けましょう。
電話の審査がある証券会社でCFD口座を開設した場合、その電話はいつかかってくるかはわからないので、申し込みの段階で受けられる電話番号は全部書いておいた方がいいでしょう。たとえば、留守時に家にかかってきた時、携帯に転送する設定はしていないのなら、自宅の電話番号と携帯の番号を両方書いておいた方がいいですね。

Read More

CFD取引のための証券会社の選び方

CFD取引は、相対取引であり、市場取引ではないので、証券会社ごとに商品のラインナップが異なります。例えばA社という証券会社では米国株式市場の株式指数が取引できるのに、B社という証券会社にはラインナップされていないから取引できないというケースがあります。先ずはこの商品ラインナップについて、自分が取引したい商品があるかをきちんと確認することです。また、CFDは相対取引であるため、万が一取引している証券会社が倒産してしまった場合には、投資家の資産は会社の方針によって保護の度合いが異なります。FXは投資家の資産の完全信託保全が義務付けられましたが、CFDはまだ法整備が不十分ですから、信頼のおける証券会社や、経営が安定している証券会社を選ぶようにすることが大切です。更に、CFDは証券会社によって取引手数料が異なりますから、取引コストがより低い証券会社を選ぶことも重要です。但し、証券会社ごとに異なるだけではなく、株や為替など取引する商品によっても取引手数料が異なる場合もありますので、先ずは事前にどんな商品を取引したいのかを決めてから調べてみることです。

Read More